半田ゴテ   3 comments

鉄道模型のキットの組み立てには半田ゴテを使います。

よく使われるコテ先は銅棒でできていますが、使っているうちにだんだん焼けてきて、酸化も進みます。

そこでやすりで削って形状を整えますが、これが中々厄介な仕事です。

楽天市場で「こてさき」のHPを見つけました。

今、店長の北見さんと鉄道模型の製作に適したコテ先を開発中です。

「コテペンⅡ」のナイフ形が使い易いことがわかってきました。

くるまや軽便鉄道 による 半田ごて への投稿 (2004年9月20日)

半田ゴテ」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 御邪魔致します。こちらで御使いいただいているコテペンシリーズをはじめ、世の中のあらゆる半田ごてのコテ先を造っているメーカー直営店の責任者北見です。いつもアドバイスを頂き本当にありがたく、ついつい御邪魔致しました。。。 @こてさき。楽天店 http://www.rakuten.co.jp/kotesaki  ※くるまや軽便鉄道様、アドレス記載がご迷惑であれば削除下さい皆様、鉄道模型について御困りのことがあればこちらへご相談なされるといいですよ!親切にご相談にのってくれるはずです(って、御世話になっている方のブログで勝手なことをいってます(^^ゞ)。半田付けの作業性を左右する、半田ごての生命はコテ先です!1本の半田ごての可能性をコテ先を交換することで拡げていきたいと考えています。鉄道模型の作業に最適なコテ先の形状をこちらとご一緒に選定していますので、ご興味あるかたは是非気軽に御声をかけてくださいね♪追伸:ちなみに銅製コテ先と当店取り扱いの耐久コテ先との寿命差は三桁以上と御考え下さい。もちろん銅製の方はその後も削り続ける限り使い続けることができるため削る作業が面倒でない方は銅製コテ先の方がコストは安いです。。。三桁の違いは価格に反映されてませんけどね(笑)追伸の追伸:下の鑑定結果が木になりますねぇ。。。

  2. @こてさき北見さん書き込みありがとうございます。寿命差 3桁以上とは驚きです。趣味で使う分には一生ものですね。それなら安い!

  3. ピンバック: 半田ごて | くるまや軽便鉄道

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。