石垣   Leave a comment

紙粘土が乾いてから、エナメル黒の薄め液を筆塗りします。石と隙間の粘土が落ち着いた色になりました。さらに何度か繰り返し塗ります。
これからの作業は木橋と線路を固定すること。そして「紅葉」の木々を作ることです。
広告

くるまや軽便鉄道 による 冷川木橋モジュール への投稿 (2005年7月25日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。