着手   3 comments

ナローガレージ製の「遠鉄奥山線タイプ軽便電車」の組み立てを始めました。

説明書通りに中性洗剤で洗ってから、バリ取りをしました。

2両の内1両は「下電」仕様で良いとこどりで気に入った車両にするつもりです。

しかし、ここからはゆっくりと進みそうです。奥山線の車両資料を写真集やNETで探しても気動車のキハ1801~04に比べて電車の写真は少ないです。また、撮影年月で窓に保護棒が付いていたり、無かったり。細かく観察するといろいろな相違点がありそうです。特に屋根上の資料を見つけたいです。

くるまや軽便鉄道 による 奥山線 への投稿 (2011年11月6日)

着手」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 中性洗剤で洗うと、どのような効果があるのでしょうか?
    素人の質問ですみません。

  2. 比呂池さん

    こんばんは

    写真では「プラスチック」のように見えますが、このキットは「レジン」です。
    組み立て説明書には「レジンパーツには表面に離型剤が残っている・・・中性洗剤で洗浄・・・
    離型剤が残っていますと接着不良や塗装剥がれの原因になります。」と書いてあります。
    レジンパーツの組み立ては初めてですので、慎重な作業が必要です。

    カメラも結構な価格ですが、鉄道模型もそれなりの価格です。(鉄は金を失うと書くくらいですから)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。