ケコキハの屋根   4 comments

久々の模型の話題です。(どこまで進んでいたか?です)
3月10日ケコキハ屋根_001

ダイソーの工作用板(幅24mmでピタリ)を紙やすりで削ります。

3月10日ケコキハ屋根_002

その後、サーフェーサーを筆塗りして木目を消していきます。

 

くるまや軽便鉄道 による ケコキハ への投稿 (2013年3月27日)

ケコキハの屋根」への4件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. まるで買ってきたような屋根です!
    二つあるということは、2両作るということですか?

  2. 試作と本チャンの2台ですが、以前は3~4台作って・・・しかし完成していません。
    (シルエット カメオで簡単に窓抜きできるので)
    今回の2台は気動車と電車にするつもりです。

  3. はじめまして。トトロです。
    ダイソーの24ミリ幅木材は、僕も以前使おうとしたのですが、反り、ねじれがひどくて取りやめました。
    何か対策をしたんですか?

  4. トトロさん
    ようこそ、くるまや軽便鉄道へ
    ダイソーの24mm幅木材は下電車両の製作から使っています。1回買った分で10数両作れました。
    https://hiratakm.wordpress.com/2010/12/31/%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e4%bd%9c%e3%82%8a/
    以前は「内丸かんな」を使いましたが、屋根の中央部分が削れて凹になってしまうので、今回は紙やすり
    のみで成形しています。サーフェーサーとやすり掛けは3回ほど繰り返します。今のところ反り、ねじれの
    問題は生じていません。購入時の品選びには注意が必要かもしれませんね。
    昨年の軽便祭で販売していた「北野工作所のMDF材」も使ってみたいと思っています。
    ダイソーの集成板(正式名称?)も試してみたいです。
    いずれにしても、のこぎりで厚みのある板を切断すると、切り口がゆがむので、まだまだ修行が足りません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。