東京全図   2 comments

昨日、再度蔵の探索
出てきたものは最新「東京全図」

5月22日東京市地図_001

最新と言っても

5月22日東京市地図_002

新橋停車場

5月22日東京市地図_003

東京駅は「中央停車場 敷地」となっています。ってことは

大正3年より前になります。

日比谷公園と中央停車場は〇で囲ってありますが、当時の書き込みです。

前回の「東京市全図」と「最新 東京全図」はしばらく「高山まちの博物館」へ撮影のためにお預けしました。

くるまや軽便鉄道 による 古地図 への投稿 (2013年5月23日)

東京全図」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 丸で囲った日比谷公園の上に海城中学の文字が見えますね。同校が霞ヶ関の地にあったのは1899(明治32)年からですが当時の名称は海城学校,海城中学校に改称されたのが1906(明治39)年。
    その右隣の府立中学(今の都立日比谷高校)がこの地にあったのも1899(明治32)年からですが,1901(明治34)年に府立第一中学校に改称されてます。
    それからすればこの地図は1899(明治32)以降ということになり,海城中学の校名から1906(明治39)年以降と考えられます。府立一中ではなく府立中学とあるのは旧名をそのまま記しているためでしょう。
    中央停車場敷地の隣に警視庁がありますが,これがこの鍛冶橋にあったのは1911(明治44)年までなので,1906(明治39)年~1911(明治44)年までの5年の間に発行された地図とするのが妥当なところでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。