大井川木橋 その5   4 comments

モジュールの接続部は裏側に穴を開け、ダボを差し込みます。

7月8日大井川木橋_003

ガーダーを塗装

7月8日大井川木橋_001

糸を張って並べて固定

7月8日大井川木橋_007

線路はPECOのナロー用フレキシブルを使います。

ガーダー部分は接着はせずに、ビスとプラ板で押さえて温度による伸縮に備えます。

7月8日大井川木橋_009

線路がつながりました。

7月8日大井川木橋_010

 

 

広告

くるまや軽便鉄道 による 駿遠線, 魅惑の木橋, 大井川木橋 への投稿 (2013年8月6日)

大井川木橋 その5」への4件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. はじめまして。素晴らしき大井川橋梁の製作を拝見させていただいてます。実は私も正にいまNナローで駿遠線大井川橋梁を製作しております。全く同じ時期に同じテーマの製作物を手掛けているというのは、他人ではない気がいたしまして(笑)。ジオラマ経験の殆どない私の製作物はお見せするような代物ではありませんが、よろしければ今後もコンタクトできたら嬉しく存じます。

    • ニブロク様
      コメントをありがとうございます。
      大井川木橋などと言うものを作るのは私のみ・・・と思っていましたが。
      HOナローではやっと100m分を作りましたが、Nナローではもっと雄大な大井川木橋になることと
      思います。8月10日(土)に藤枝市郷土博物館で運転会を開かせていただくことになっています。
      11日(日)からは木橋のみの展示になります。お時間がありましたらお出かけください。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ご案内いただきありがとうございます。確か藤相鉄道開業100周年イベントでしたね。是非とも行きたいと思っておりますが、東京在住とあって、まだ予定が経ちません。私は39歳ですが、駿遠線に興味を持って4半世紀になりました。イベントには敬意を持って訪問したいです。駿遠線のこと、今後も色々教えて下さい。

  3. ニブロク様
    今回の軽便展は期間中に講演会も開催されます。ご都合の良い時にお出かけください。
    私は10日は藤枝市郷土博物館、11日は御前崎市立図書館(こちらも軽便展)におります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。