台枠を描く その2   Leave a comment

台枠の続きです。

台枠3

直方体を加工していきます。

台枠6

面取りして

台枠7

連結部を加え

台枠8

ボルトを描いてから裏を削りました。(ボルトの角度も少しずつ変えてあります)

台枠9

4面を組み合わせて完成

台枠OK

エラーもなし!

実際の3Dプリントしたもの4個を接着するためには、位置決めの凸凹を設けた方が良さそうです。これは床板と一緒に考えます。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 小坂森林鉄道 への投稿 (2014年3月8日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。