協三 小坂   8 comments

協三 5t 小坂森林鉄道

小坂1png

コンプレッサーカバーと屋根上のエアタンクが特徴です。

小坂2

後部窓枠は調べ中

小坂3

黒塗り

小坂4

青塗り

3Dプリント第3弾は15日に届きますので、それを参考にプリントに適した部品分けを考えます。

13,14日は名古屋・伊勢へ出かけますので、更新は15日になります。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 小坂森林鉄道 への投稿 (2014年3月12日)

協三 小坂」への8件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. おー!
    カッコイイですね!
    忠実に再現されてますね〜

    はたちゅう
    • 写真からは不明な部分が多く、ほかの森林鉄道の写真も参考にして描きましたが、
      はたちゅうさんに褒めていただき安心しました。
      3Dプリントはエッチンング板と違い「厚み」が必要ですので車体内側の寸法が狭くなり
      動力ユニットを納めるのに工夫が必要です。

  2. こんばんは。屋根上にタンクを乗せた感じ、好いですね。Oナローでも欲しくなります。
    以前 ネット上で昔の小坂構内の機関庫や現役時のDLなどの画像をUPされている方のHPをみた事があるのですが、
    パソコンが壊れて古いデータが飛んでしまったため見られません。
    もしご存知でしたらお教え頂けると幸いです。

  3. はまとん様

    たぶん、以下では?

    http://rintetsu.net/index.html

  4. はたちゅう様
     こんばんは、お答え有難うございます。
    そうです、そうでした 見過ごして居りました、間違いありません。 
    往年の姿を拝見しますと 秋田の林鉄と重なって懐かしさが感じられます。
    どうも有難うございました。

  5. はたちゅう様、はまとん様、とコメがございましたので、小生もご相伴申し上げます。
    1/48でもぜひ、お願い申し上げます。
    例の車両は、ONMC会合にて披露できますよう、鋭意努力致します。

    昨晩は「やまのひかり」原酒、冷やでいきました。。。

    http://blog.goo.ne.jp/anagumatanuki

  6. はたちゅう様・はまとん様・穴熊様
    留守にしていて失礼しました。
    久しぶりのたくさんのコメントありがとうございます。
    Oナローの件
    簡単そうで難しい課題です。
    123Dでは拡大・縮小ができますので、「1.8倍」すれば良さそうですが、厚みも拡大されてしまいます。
    「模型」はすべての部分を正確な縮尺で作っている訳ではないので、拡大すると大きすぎる部分(特に厚み)
    が不適切になると思われます。
    この「思われます」と書いたのは、私自身に1/87と1/48のサイズの違いの感覚が出来ていないためです。
    はまとん様のOナローレイアウトの「植生」の表現方法、1/87とは異なります。
    穴熊様「例の車両」をシルエットカメオで切り出しましたら、大きさに驚きました。
    多分大きなスケールほど正確な実寸が分かっていないとバランスの良い模型を作ることができないのでは?
    ただしOナローは「現在の3Dプリント」に適したサイズとは思います。3Dプリントされたフィギュアの例を見ると
    手のひらサイズでそれなりの表現がされていました。
    昨日名古屋のビックカメラでホーム用の3Dプリンタを見ましたが、鉄道模型を作るには積層ピッチ0.1mmでは厳しそうです。
    カタログに「造形物のクォリティは多少の個人差が生じ、美しい造形物を出力するには、3Dプリンタの一定の操作経験が必要になります。」と記載されていますが、何事も経験が第一と言うことですね。
    今日は3Dプリントの第3弾が届きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。