河原の石   4 comments

いよいよ河原を作ります。

5月4日大洞川橋梁_004

着色したプラスタークロスに木工用ボンドを塗ります。(水溶液ではありません!)

セメダインのボンドは「立つ」ので蓋をとれば、すぐにボンドがでて作業性が良いです。

5月4日大洞川橋梁_005

大粒な小石(大洞川から拾ってきた)を撒いて、上から押さえ

5月4日大洞川橋梁_007

砂を撒きます。

少し乾いてから、今度はボンド水溶液で湿せばOK

5月4日大洞川橋梁_009

ざっと河原は完成です。

急に出かけることになったので、明日の更新はお休みします。

広告

河原の石」への4件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. スゴイですね。。。
    河原、いい感じです!
    大洞川の石ってのが、こだわってますね!
    完成が楽しみです☆

    はたちゅう
    • ある方の話では、土地の特徴を表現するには、その土地の土が必要とのことでしたので・・・。
      小石のサイズがうまく合うかは、草木を植えてからの判断になりそうです。

      • それはやっぱりい色見ですかね?
        土地土地によって土の色が違うように。。

  2. 関東ローム層はどんな色でしょうか?
    大洞川は御嶽山の噴石や溶岩が混ざっているかもしれません。

    模型材料が「ただ」が最大の理由!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。