撮影地はどこだ   2 comments

数日前「田沼古道を歩く」のBEN-KEI-SHIさんから撮影地の問い合わせメールをいただきました。

レイルもくじ

この写真は(株)エリエイ発行 レイル No.72 湯口 徹様の「黒潮と小さな汽車の通い道(下)」のP6のものです。

写真の説明には「撮影地」が記載されていません。

いろいろ調べるとこの風景はたいへん貴重なことが判りました。

いったいこのホームはどこの駅でしょうか?

広告

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 駿遠線, 駿遠線の車両達, 廃線跡 への投稿 (2014年6月12日)

撮影地はどこだ」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 急に目が覚めたので・・・。
    「黒潮と小さな汽車の通い道(下)」の本は、持ってませんが(この写真を)最近どっかで見たなと思って、手元の本を見たらドコの駅か判明しました。
    単刀直入に言うと『大洲駅』なんだそうです。以下、出典。
    阿形 昭氏の『歴史に残す静岡鉄道駿遠線 -日本一の軽便鉄道(販売元HP:http://www.at-s.com/book/article/jihi/142379.html)』の25ページで、
    『大洲駅 着物の女性がとび降りる 意外に高い! 昭和39(1964)年9月26日 撮影:湯口 徹』と書いてありました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。