難しい部分   3 comments

今朝は3DCADの話題です。

ガラリ1

赤丸で囲った形状を描くのに手こずりました。

文章でも書きにくいのですが「先端が奥方向へ折れ、上面は前下がり」

作図の経過が残っていませんので正確な手順が説明できませんが、

コーナー試作

この形を基本にして、面の切断と接続を繰り返し描きました。

ガラリ2

真横から見るとこんな形状です。

ガラリ3

機械室と組み合わせます。

ガラリの表現、正面の部分のように内側まで抜いてしまうか、側面のように凹まし

とするか。3Dプリンターの性能によっても判断が分かれるところです。

ナローガレージさんのような曲面にきれいにガラリを並べることも難しいことだと

分かってきました。

 

追伸 3Dプリントのカブをお分けします。

 

 

 

広告

難しい部分」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. おはようございます。

    新作ですか?

    >3Dプリンターの性能によっても判断が分かれるところです。

    ですね。。
    分解能のサポート材は、ここまで出来ますとかあると良いのですが。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。