瓦葺   2 comments

瓦プラ板の切り出し

6月20日大井川駅_001

ヒルマモデルクラフト製を使います。

6月20日大井川駅_002

右側はエコー製

瓦一枚の大きさが違います。

以前、瓦の彫りこみを意識せずに切断して失敗しました。

瓦プラ板の真ん中に切り込みを入れて真ん中で折り曲げて屋根の両側に使ったら

瓦の段差(水勾配)が逆になってしまいました。

さらにエコー製を良く見ると

6月20日大井川駅_003

軒瓦の表現がしてあります。

瓦葺の基本通りに瓦プラ板から切り出すことは難しいことだと気づきました。

桟瓦、袖瓦(左右があり)、袖角瓦(左右あり)、軒瓦 この組み合わせで屋根瓦は

葺かれていました。ネットで見つけた参考図をご覧ください。

瓦葺参考図

 

広告

くるまや軽便鉄道 による 新モジュール, 模型材料・工具 への投稿 (2014年6月21日)

瓦葺」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. ヒルマのかわらは大きくないですか?
    特に1/87で作る場合は。。

  2. 実物写真を見て、瓦の枚数を数えたら「ヒルマ製」がほぼ一致したので使った次第です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。