動力ユニット その2   2 comments

norigonさんからリクエストをいただきましたので、さっそく続きを

6月20日協三_008

モーターの取付を確認

6月20日協三_009

台車も1mmビスで固定します。

6月20日協三_019

集電シューにΦ0.5mmのベリリウム銅線を半田付けします。(コンさんのアイデアです)シューも一旦曲がりを延ばして、先端のみ内側に少し曲げて、ボンネットとの当たりを避けます。

6月20日協三_020

この集電シューをギアボックスの側面に接着します。(ギア軸に注意)

リード線も半田付けして完成(モーター白マーク側端子が+)

 

最近ブログの内容があまりにもチグハグなので、昨日開田高原さんが様子を見に寄られました。

 

広告

動力ユニット その2」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. なるほど、そういうことでしたか!

  2. モーターブラケットを単独部品にするスペースがありませんでした。
    モーター取付ビスの長さは要注意です。(クラフトさんのHP参照)
    多分、ビス穴真ん中でギア位置がピタリです。
    夕方、無事に走りました!!
    但し、床板開口部の内側をベリリウム銅線分、広げてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。