小坂森林鉄道研究会   3 comments

昨夜は小坂町で開催された「小坂森林鉄道研究会の設立総会」に出席しました。

6月23日森林鉄道研究会_003

少しづつですが、活動が始まります。

6月23日森林鉄道研究会_002

間に合いました。

大洞川橋梁を渡る協三5t

元小坂営林署の職員の方から貴重なお話を伺うことができました。

研究会の活動を通して、新たな模型作りも進めたいと思います。

広告

小坂森林鉄道研究会」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 橋のウェザリングの感じがいいですね~

    で、すみません。
    お恥ずかしながら、5tと3tの違いがわかっていないのですが、
    タンクが付くと5tですか? (^^;

  2. 機関車の総重量のことで、車体が大きくなります。
    5tのエアタンク付で、昨日の会議で営林署の方が「エアタンク付と無しで走行路線が決まっていた」とのことでした。
    線路勾配と牽引数で車種が決めてあったと思います。
    タンク付DL、中々カッコイイです。

  3. 追伸 3Dプリントは機関車が軽いので、新聞記事用の模擬です。
    材木なしの運材台車のみなら、10両(5セット)ほどは牽引します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。