災害状況   2 comments

天候が回復したので、災害状況を見てきました。

車が流された苔川(すのり川)

8月18日被害状況_002

仮復旧作業が始まっています。

8月18日被害状況_001

手前は河川改修済み(H25)そして奥が未改修部分、今回の災害はつなぎ目で発生しました。

TVでの解説によると、川幅の違った部分で流れが渦になり、両岸を削ったとのことです。

8月18日被害状況_003

宮川の弥生橋から。

水位が下がり、両岸の遊歩道が出ています。

以前、宮川の河川改修が行われた時は、この遊歩道に関して議論がありました。

8月18日被害状況_005

対岸は下流の街の側溝の取水部です。

まだ溢れています。

手前の遊歩道は掘れています。

8月18日被害状況_006

鴨は岸で休んでいます。

8月18日被害状況_007

鍛冶橋下の段差もゴウゴウと流れています。

8月18日被害状況_008

赤い中橋の橋脚にはごみが絡まっていました。

川の鯉は下流へ流されてしまったことでしょう。

もう少し豪雨が続けば、岸の崩壊があったかもしれません。

高山本線も今朝から復旧したはずです。

広告

くるまや軽便鉄道 による 街歩き, 飛騨高山の話題 への投稿 (2014年8月19日)

災害状況」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 日曜日の朝8時30分に召集がかかり、家に帰れたのが翌午前3時でした。被害は出ましたが人命が失われなくてよかったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。