高山駅内覧会   3 comments

11月30日「高山駅内覧会」へ行きました。

26日に仮駅舎に移り、今月から取り壊しが始まるため、旧駅舎の内部が一般公開されました。

11月30日高山駅_044

駅前ロータリーはすでに工事中です。

11月30日高山駅_004

内覧会の入口

11月30日高山駅_029

私の見たかった部分は〇印のところ

11月30日高山駅_022

1階部分では時計のある部分あたり、昔は吹き抜けになっていたのですが、

11月30日高山駅_016

狭い階段を2階に上がると

11月30日高山駅_012

2階は床のように天井を貼ってあります。(物を置くと床が抜けます)吹き抜けでは暖房が利かなかったとのこと。

11月30日高山駅_011

窓はステンドグラスです。(ロータリー側)

11月30日高山駅_015

こちらはホーム側の窓

窓枠はアルミサッシに交換されており、ステンドグラスも建築当時のものかは確認できませんでした。

そして

11月30日高山駅_027

実は高山駅は「木造モルタル造り!」鉄筋コンクリート造りではありません。

モルタルの割れ目からほんの少し内部の板が見えました。

プレハブの仮駅舎は

11月30日高山駅_031

中へ入ってみると

11月30日高山駅_032

コンパクトにまとまっており

11月30日高山駅_033

売店とだんご売り場もありました。

11月30日高山駅_039

内覧会のお土産

思い出の多い高山駅、内部をみると改造が繰り返され、今回新駅舎が新築されるのも致し方ないことと感じました。

高山駅舎、80年間お疲れさまでした。

 

 

広告

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 街歩き, 飛騨高山の話題 への投稿 (2014年12月3日)

高山駅内覧会」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. はじめまして、高山駅舎について検索していたらこちらにたどり着きました。

    結局あれよあれよと言う間に解体の道を進んでしまいましたね。
    仮設駅舎への引っ越しも完了したようで、まさに解体秒読み段階ですね…。

    • あいだ様 コメントをありがとうございます。
      以前「新高山駅」構想を高山市に提出したことがあります。高山~上枝の中間に「新高山駅」を作り、R41と中部縦貫道と連絡を良くする。現在の高山駅は古い町並みの玄関口として活用する云々。
      今回駅舎内を見学をして、80年間不便ながらも大切に使われてきたことを感じました。新築も無理なし。
      新高山駅は某有名設計事務所で設計されましたが、雪国に暮らす私から見れば?な部分もあり、この件も高山市に意見書を提出しました。当分駅舎の解体工事と、新駅舎の工事を見守っていきます。随時UPしますので、ブログにお立ち寄りください。

      • ご返信ありがとうございます。

        新駅構想は斬新なアイデアですね。
        増改築を繰り返された老朽木造建築という事で解体もやむなしですか…。

        その他のコンテンツも拝見しました、どうもご近所さんのようです。
        クルマで数分!? 笑
        ナローモデルはまだ所有しておりませんが16番のキット組立てやDCCで模型を楽しんでいます。

        以後よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。