1月 2015のアーカイブ

DB603 その3   Leave a comment

動力ユニット部の納めは、

床板を1mm前に延長

キャブの長さを1mm延長(キャブのサイズは図面上には明記なし)

動力ユニットを1mm後退

SN00469

台車の前後の板は

SN00528

リベットとテールライトを描き分けました。

3DCADの便利な部分です。

広告

DB603 その2   Leave a comment

3DCADでモックアップを描きます。

SN00516

ブロックから描き、中を抜きます。

SN00517

ボンネット・キャブ・機械室を繋ぎ

SN00465

下回りに被せると、赤丸部分がはみ出しました。

SN00518

キャブを持ち上げてみると、動力ユニットが当たっていることが判ります。

SN00468

はみ出している寸法は0.925mm、キャブの正面側の厚みは1mmですので、約2mmの調整が必要です。

富山へ   Leave a comment

今朝はみぞれが降っています。

昨日は天気が良かったので富山へ出かけました。

国道41号線で大沢野(笹津と言った方が鉄道ファンには分り易い)から富山平野に出たあたりから

ほとんど積雪がありませんでした!

1月21日富山_002

8号線の富山→滑川 正面は剣岳方面

1月21日富山_001

今回は富山ブラックではなく

九頭龍ラーメン」でわんたんめん食べました。

ご馳走さまでした。

くるまや軽便鉄道 による グルメ, 街歩き への投稿 (2015年1月22日)

DB603 その1   Leave a comment

新たに3DCADで設計を始めました。

駿遠線「DB603」です。

昨年作った「DB602」「DB609」の兄弟機です。

SN00487

組立図はありませんので、竣工図を参考にJWCADで模型化用図を描きます。

(作業過程で寸法を修正していきますので、上図の記載寸法は正確なものではありません)

JWCADに竣工図を貼り付け、1/87に合わせます。

竣工図に記載されている寸法を1/87にして、慨寸図を作ります。

なお竣工図の姿はあまり当てになりません。

SN00488

昨年、DB609では床板などの詳細図もJDCADで描きましたが、今回は2DCAD(JWCAD)で一旦描く作業は省くことにしました。

着雪   Leave a comment

今朝の積雪は20cmほど、除雪を済ませました。

1月20日雪_001

光ケーブルにみごとに着雪していました。

5mmほどのケーブルが3cmほどに

昨日の湿った雪が凍り、その周りに柔らかな新雪がまとわり付いたようです。

もっと雪が降れば太く、重くなって断線の原因になるかもしれませんが、太陽に照らされれば、パラリと落ちてしまいます。

天気予報では晴れになってますので、多分大丈夫でしょう。

 

くるまや軽便鉄道 による 飛騨高山の話題, 身近な話題 への投稿 (2015年1月20日)

車両群   2 comments

1月14日エガーEL_008

組立が完了した車両群

DB602Ⅱ・エガーバーンELx3・協三5tx2

玄関工房を再開する3月まで、塗装待ちです。

norigonさんの「とちょう経過」

DB602 Ⅱ その3   Leave a comment

光DB602 Ⅱ を試作機と比較します。

1月14日DB602_012

前グリル 細くスッキリとプリントができています。

1月14日DB602_011

後部のガラリはデータを修正して奥行きを出しました。

1月14日DB602_013

ヘッドライトも支持金物がちゃんと抜けています。

光造形による再現性は材質によっても異なり、試作機は透明エポキシ・ⅡはABSライク

ABSライクの方が模型作りには適しているように見えます。