Fusion360 その3   Leave a comment

昨年の今頃も「123D Design」の操作に苦労していましたが、「Fusion360」も同様、マウスの動かし方が分りません。描いたものをグルグル回す方法も123Dと異なります。自分の見たい部分を瞬時に画面中央に持ってこれるようになればストレスが無くなるのですが。

SN006251

360は英語版だけと言われていますが不思議なことに・・・・

右上の画面操作部分は「上」「右」「前」と漢字表記されています。

SN00630

SKETCHに「Slot」があり

SN00626

簡単に描け

SN00627

押し出すと立体になります。

機関車の「ロッド」も軸間を決めれば簡単に描けそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。