2月 2015のアーカイブ

ローカル線 電車・バス 乗り継ぎの旅? その1   Leave a comment

昨日は天気に誘われて、久々のドライブ

目的もなく高山から富山県へ向け出発

北陸新幹線の開業まであと21日

TVでも北陸方面の旅番組が多いです。

「ローカル線・・・」「バス乗継・・・」の番組も花盛り

そこで真似事を

城端SAあたりでそろそろ行先を決めないと・・・金沢?氷見?高岡?

一番近場な高岡に決定。

SN00714

砺波JCから能越道を直進しても良いのですが、別料金になるので、

東海北陸道から北陸道に入り、砺波ICに向います。

2月21日高岡 富山_002

正面には立山・剣岳が望めます。快晴!

2月21日高岡 富山_003

砺波からR156で高岡市内へ

北陸新幹線高架をくぐり

SN00715

高岡駅の西側で

2月21日高岡 富山_006

特急列車も3月13日まで

2月21日高岡 富山_008

万葉線に沿って

2月21日高岡 富山_009

ドラエモン電車も来ました

SN00713

8号線を過ぎたイオン高岡店へ

2月21日高岡 富山_011

車を駐車場に置いて、お弁当を仕入れて

2月21日高岡 富山_010

江尻停車場からスタートです。

くるまや軽便鉄道 による 街歩き, 旅行 への投稿 (2015年2月22日)

TMS3月号「大井川木橋」を作る   6 comments

昨日発売のTMS3月号(No.876)に 静岡鉄道駿遠線「大井川木橋」を作る が掲載されました。

2月21日TMS3月号_002

レイアウト・コンペでは努力賞でしたが

2月21日TMS3月号_001

賑やかなカラー写真で紹介していただけました。

軽便鉄道の車両を編成で走行させるには、このようなモジュールレイアウトの規模になります。

2013,11(No.857)  「軽便物語」(Dトラ)

2014,5  (No.864)  「清水市内線モハ61・モハ66」(Nゲージ)

2014,10(No.870)  「静岡鉄道駿遠線のモーターカー」(3Dプリント)

ペーパーカッター「シルエット カメオ」と3Dプリントを活用したレイアウトと車両

大げさな言い方ですが「くるまや軽便鉄道」の歴史がご覧いただけます。

Brill 21E その6   Leave a comment

miyabimanさんから届いた下回りの写真

Exif_JPEG_PICTURE

車輪と側板との隙間は2mmほどしかないとのこと。

SN00702

プラ枠の寸法は適当に描きましたが、こんな風に台枠を取り付けることになります。

SN00704

赤色の部分を台枠の倒れ止めとして加え

SN00705

この形状に決めました。

プラ枠にはビス留めではなく、エポキシによる接着です。

SN00712

プリント用のデータでは、少し斜めに配置しました。

ほかのデータも描いていますので、発注は3月に入る予定です。

楽しい課題でした。

Brill 21E その5   Leave a comment

miyabimanさんの作業も進んでいるようです。

3DCADで描くのに参考にしたのは「箱館ハイカラ号」の台車でしたので全長が60mmになりました。しかし、城東電軌製「駿豆鉄道モハ7」に取り付けるには50mmに縮める必要があるとのこと。

そこで

SN00709

50/60と言うわけにはいかず(軸間23mmを守るため)

板バネ部分を短くして50mmにしました。

SN00707

JWCADに実寸で貼り付け、PDFに変換して、miyabimanさんへ送信

Exif_JPEG_PICTURE

プリントアウトして台車に貼って

Exif_JPEG_PICTURE

何とかこのサイズで納まることを確認していただきました。

SN00701

黒色にした姿、まずまずでしょうか。

次は取付方法を考えます。

Brill 21E その4   Leave a comment

軸箱回りと板バネを描きましたが

SN00696

形状の間違いが見つかり

SN00697

修正しました。

SN00698

軸箱回りの形状は整いましたが、これだけ細かいと実際にプリントできる範囲を超えているかもしれません。

Brill 21E その3   Leave a comment

バネ類を各種描きます。

SN00691

そして部品を接続します。

SN00690

そして特徴のある軸受に取りかかりました。

SN00692

Brill 21E その2   3 comments

いろいろと検討の結果、外国製のデータを使うのはやめて、miyabiman様から写真などの資料をいただき新規に描くことになりました。

Brill台車の写真をjwcadに貼り付け、軸間を23mmに合わせます。

(「鉄道ホビダス 台車近影」のホームページ参照)

SN00677

そして寸法を割出しました。

台車上部の左半分から始めます。(左右対称ですので、最後にミラーで右側と一体化します)

SN00678

長方形を並べ、一体化して、角を面取りします。

SN00679

軸箱の横バーも書き加えていきました。