DesignSpark Mechanicalの練習 その3   Leave a comment

3Dプリンタガイド 入力編2の続きです。

数値の修正から

車体長さ17500mmを1/150にして116.66(小数点以下3桁切り捨て)と決めました。

SN00747

寸法の割出は

500/150≒3.33 450/150=3.00 350/150≒2.33 900/150=6 200/150≒1.33

850/150≒5.67 250/150≒1.67 1300/150≒8.67

小数点以下3桁目を切り捨てたり、切り上げたりして 合計116.66となりました。

SN00748

車体側面の割出しはぴしゃりと合っています。

「29」から進めます。

SN00751

この「29」は「同じように横線を作図します。」と記載されているだけで、入力の数値は自分で決めることになります。

P36の「オリジナル車体の基本寸法図」から縦方向の数値を読みますが、側面ドアの高さが未記入です。正面貫通ドアの高さ1800mmと同様としました。

175/150≒1.17 770/150≒5.13 800/150≒5.33 930/150=6.20 1800/150=12で入力しました。

SN00753

「30」ドア・窓の隅のR

75/150=0.5 80/150≒0.53 そしてドアのRは未記入でしたので 120/150=0.8としました。

「32」不要な線を削除して

SN00754

「33」まで進みました。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD への投稿 (2015年3月18日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。