DesignSpark Mechanicalの練習 その7   Leave a comment

昨夜は日枝神社で「祈念祭」の神事と直会

3月21日祈念祭_002

そんなわけで「3Dプリンタガイド」の次のステップには進めませんでした。

鏡面コピーに苦戦しています。

123D Designでは

SN00696

半分描いて、右端の断面をミラーにすれば、コピーされます。

先日の電車の車体で使った方法は

SN00039

分りやすいように台形で進めます。

SN00040

上に押し上げ立体にして

SN00041

コピーして貼り付けたものを移動して

SN00042

180度向きを変え

SN00043

距離を測って、移動して

SN00044

面を接触させて

SN00046

コンバインして

SN00047

OK

DSMで参考にしたのは

http://www.rs-online.com/designspark/electronics/jpn/knowledge-item/JPN-DSM-mirror-tool?/designspark/electronics/knowledge-item/JPN-DSM-mirror-tool=

ここに書かれている方法を試してみます。

SN00048

移動マークの〇(球)部分を引きずって

SN00049

右端のセンターに移動して

SN00050

コピーして貼り付けたものを180度回転して

SN00052B

コンバイン(赤マル部分をクリックします)

SN00053 SN00054

OKにはなるのですが、このふたつの方法は条件があります。

基本形が上下・左右の違いのないもの。123Dの例で示した「Brill台車」では使えません。

「右利きの人向けに設計されたモデルを、左利きの人向けに修正する場合は、パーツを二回回転します。」

は試してみませんが。

リンクページの最後の説明にある「ミラー線とする」

SN00055

「この後、3Dモードに移行した場合、パーツ選択時に、「ミラーの継続」でミラー機能を引き続き利用することができます。」のところが理解できず、本当の鏡面コピーができません。

MACさん、手を貸してください。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD への投稿 (2015年3月22日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。