湘南顔   3 comments

横道にそれていますが、DSM・123D いずれかで湘南顔を描けるよになりたいので

123Dでは

SN00206

顔の部分はロフトで

SN00205

おでこは

SN00207

図面通りに3つのカーブを組み合わせると

SN00208

フィレットした時にバラバラになって角が残ったり

SN00203

腰・顔・頭と分けて描いて、コンバインとフィレットして

SN00204

なんとなく顔になりましたが、顔部分は10度傾いた「平面」ではなく「反りのある曲面」です。

メッシュの並びからもわかります。

SN00240

ぐるぐるして眺めてください。何かまだ湘南顔にはなっていません。

D18確認3

多分車両工場では鉄板を切断・溶接・叩き出しで成形していたのでしょう。

追伸

norigonさんから「正面の顔を田の字に4分割して、プルの勾配で鼻筋を作り、プルの回転で窓の傾斜をつくってボディとのつなぎはフィレットでごまかす?」

この案を試してみました。(寸法は適当です)

SN00241

2Dで角度と寸法を決めて3Dに入力すればできそうです。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD への投稿 (2015年4月11日)

湘南顔」への3件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. おお!すごいです!
    私は口では言えてもDSMの操作がついていきません ^^;

    もう一案は上の図の底面の図を描いて上にプルして(高さ半分程度)
    更にコピーしてコピーしたものを傾斜させてくっつける作戦でしょうか?
    それなら鼻すじの角度が設定しやすそうですが、
    これも操作が追いつきません。。。

    もうちょっと操作の基礎を学ぶ必要がありそうです ^^;

  2. 今晩は。

    試しに上の部分だけ操作してみました。
    5角形のsolidを作り、上辺2辺を各々、 プル → ピボットエッジ → 上辺を内側へ倒していけば、上の部分が出来ました。
    あとは別の5角形のsolidを、上のsolidと統合すれば良いのではないかと思います。一度試してみて下さいませ。

    テキストのほうは、理解出来ていない部分は飛ばしましたが、とにかく最後まで辿り着きました。
    あと何回か練習して、次は自分の作品を作りにかかりたいと思っています ♪

    • テキストの方は停まってしまいました。
      CADでの描き方は「これが正しい」と言うものでなく、いろいろな方法がありますので参考にさせていただきます。
      テキスト通りより「自分の作品」を描くことの方が楽しいので、頑張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。