DSMで湘南顔 その1   2 comments

norigonさんのお友達のDwarfさんから「湘南顔」の描き方を教えていただきましたので

ご紹介します。

たいへん丁寧な説明でしたので、そのまま掲載させていただきます。

SN00912

スケッチからスタートです。

手順:

  1. 湘南顔.rsdocをDSMで開きます。

データは「http://yahoo.jp/box/higPrK」に入れてあります。

実際に描いてみてください。

  1. まず、下側から」立体化します(“湘南1.png”参照)。

湘南1

① “プル”を選択します。

② 底面を選択します。

③ “~まで”を選択します。

④ 線を選択し、その位置までソリッドを作ります。

  1. 次に山になった部分を立体化します(“湘南2.png”参照)。

湘南2

① 非表示だった前面を表示します。

② “プル”を選択します。

③ 山の面(三角形の部分)を選択します。

④ “~まで”を選択します。

⑤ 線を選択、その位置までソリッドを作ります。

その後、前面を非表示にします(“湘南3.png”参照)。

湘南3

  1. 余計な部分を削除します(“湘南4.png”参照)。

湘南4

1) “スピン”で回転させ、底面を表示させます。

2) “プル”を選択、下側の面を選択、左クリックしたまま屋根方向に移動し、

ソリッドを削除します。

(「3Dプリンタガイド」の47~48と同じやり方です。)

  1. 窓の部分のサーフェースを作ります(“湘南5.png”参照)。

湘南5

① “プル”を選択します。

②  窓部の下のエッジを選択します。

③ “方向”を選択します。

④ 窓部の側面のエッジを選択します。

⑤ “~まで”を選択します。

⑥ 中央のサーフェースの一番高いところを選択し、サーフェースを作ります。

  1. 窓の部分をソリッドにします(“湘南6.png”参照)。

湘南6

① “プル”を選択します。

②  窓部のサーフェースを選択します。

③ “スイープ”を選択します。

④ 屋根の一番高いところのエッジを選択します。

⑤ “~まで”を選択します。

⑥ 乗務員扉の位置を選択し、その位置までソリッドを作ります。

  1. 屋根の形を整えます(“湘南7.png”参照)。

湘南7

1) 前面のサーフェースを表示させせます。

2) “プル”を選択します。

3) 屋根の外側部分を選択し、“削除”指定にします。

4) 左クリックしたまま奥のほうまで移動し、屋根の形に合わせてソリッドを削除します。

これで湘南顔らしくなりました(“湘南8.png”参照)。

湘南8

  1. おでこの部分を丸めます(“湘南9.png”参照)。

湘南9

1) 屋根と前面が交わるエッジを選択します。

2) スペースキーを押下し、“フィレット”する半径を入力します(私の場合は7.5mmを指定しました)。

  1. 前面と側面の交わるエッジを丸めます(“湘南10.png”参照)。

湘南10

1) 前面と側面の交わるエッジを選択します。

2) スペースキーを押下し、“フィレット”する半径を入力します(私の場合は2mmを指定しました)。

以上で湘南顔が出来上がります(“湘南10.png”参照)。

湘南11

追って、中抜き他をご説明します。

Dwarfさんありがとうございました。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD への投稿 (2015年5月11日)

DSMで湘南顔 その1」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. なるほど!
    湘南顔が作れるようになればDSMの使い方がわかりそうです。

  2. ガイド本通りにはできても、中々応用がききません。次はこう操作する・・・こうすれば描けると理解するには練習して慣れるより方法がありません。
    スイープ・エッジの延長・プルの方向など、機能を覚える必要があります。
    試してみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。