運転盤を作る その1   Leave a comment

久しぶりの模型記事です。

小形の運転盤を作りたいと思います。

50年ほど前にベニア板1枚にHOのエンドレスを作ったことがありますが(未完成)

KMCとKBMCではモジュールレイアウトを作ってきましたので、エンドレスレイアウトは初めてと言ってもよいです。

まずはプランを練ります。

SN01027

トミックスのR177とL140を組み合わせて600x400に納める案

SN01000

JWWで描いて

SN01003

路盤と地形の境のみ残しsvgに変換して

SN01006

123Dに取込

SN01007

3D上で立体にします。

SN01008

車両を置くと

SN01005

メッシュで見ると

SN01004

ぐるぐる回して見てください。

パイクプラン

この後、3Dプリントはしませんが、実際に運転盤を作ります。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 鉄道模型, 駿遠線, 駿遠線の車両達 への投稿 (2015年6月3日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。