運転盤を作る その2   Leave a comment

レイアウトの製作において最初の課題「基板(基盤)」をどう作るか。

固定式レイアウトとなればそれなりの頑丈さが必要ですが、運転盤はできるだけ簡単に軽く作りたい・・・そこで買ってきたのが

5月26日まで駿遠線_001

ダイソーのMDFボードと発砲スチロール板

MDFボードのサイズは600x300ですのでプラン600x400にするにはカットすることになります。

カットするのが面倒だし、もったいない。

プランを変更することにしました。

SN01028

トミックスR177とL140の組み合わせ

しかし手持ちのR177がありません。

さらにプラン変更

SN01029

PECOの幹線用フレキを使うことにしました。

エンドレス運転盤として使うだけでなく

SN01030

600x300の半円を2枚作り、Dトラや大井川モジュールとも接続可能にします。

5月26日まで駿遠線_002

アルミLアングルをMDFの補強と化粧にして製作開始です。

広告

くるまや軽便鉄道 による 鉄道模型, 駿遠線, 模型材料・工具 への投稿 (2015年6月4日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。