キハD14系   Leave a comment

しばらく街歩きの内容が続いていました。

キハD18はどうなったか?

5月23日キハD18_003

DMMからプリントされて届きました。

左側はDB60の補修部品を一緒にプリントしました。

その後

7月4日3Dプリント_005

キハD15・19・20も届きました。

7月4日3Dプリント_002

キハD15はEF210を動力として使用するので、輪芯もプリントしています。

7月4日3Dプリント_003

キハD19 乗務員扉横の埋め込み型取っ手が片面にはありません。

7月4日3Dプリント_004

キハD20

3Dプリントの共通内容は

SN01062

ベンチレータ・タイホン・給水口・エアタンク・コンプレッサー・ラジエター・台車です。

駿遠倶楽部のnorigonさん・ruiさんと手分けをして組み立てていきます。

インターカルチャーさんの光造形 と DMMの「アクリル(Xtreme Mode)」の比較などもお伝えします。

梅雨の真っただ中、塗装作業がストップしています。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 駿遠線の車両達 への投稿 (2015年7月9日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。