キハD14系 その2   4 comments

私が組み立てるのはキハD15・18・19です。

中性洗剤で洗浄してからサーフェイサーを吹きました。

7月10日まで3Dプリント_005

D19は乗務員扉横の埋め込み型の手すりが片方にしかありません。

新車では両側にあったと思われますが・・・

7月10日まで3Dプリント_008

D15 洗浄中に雨樋を折ってしまいました。

動力にEF210を使いますので、輪芯をプリントしました。

キハD20担当のruiさんもサフェを吹き

image26

一晩で箱型にして、つなぎ目をラッカーパテで処理中

image27

norigonさんはコチラ キハD19

駿遠倶楽部のキットは「3Dプリントと特製インレタ・図面」そしてCDはおまけです。

多少、時系列はバラバラになるかもしれませんが組立状況をお伝えします。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 鉄道模型, 駿遠線の車両達 への投稿 (2015年7月11日)

キハD14系 その2」への4件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. あ、まずい、洗浄ばかりして完全に出遅れている。。。

    PS.
    私はコンプレッサーの頭を折りました ^^;
    あとで接着すればOKそうです。

  2. ruiさんがつなぎ目処理の達人です。
    排障器は真鍮アングルが丈夫でしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。