一応完成とします   2 comments

排障器を組立て塗装しました。

8月8日駿遠線の車両2_003

キハD18用

8月8日駿遠線の車両2_001

ビスで床下に固定しました。

排障器は壊しやすいので、その時はビスを外して修理します。

これでキハD15・18・19は完成としました。

8月8日駿遠線の車両_069

こまかな部分では修正が必要な個所もありましたが

何とかプラモデル形状の3Dプリントからの組立もできました。

全体の形状としては駿遠線キハD14系のイメージは表現できたと思います。

積層痕の処理、箱型に接着する作業、つなぎ目処理、塗装の順、Hゴム塗装、ガラスはめ込み

以上の点を気を付けて、精進します。

データを修正してそのほかの車番を作ります。

それにしてもDMMの値上げがつらいです。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 鉄道模型, 駿遠線の車両達 への投稿 (2015年8月9日)

一応完成とします」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 完成おめでとうございます!
    こっちも窓ガラス入れ中です ^^;

    プラパーツを妻面と部品に徹して、側面や屋根はペパー化するとコスと下がりますかね?

    • キハD14系は湘南顔でしたので、その分容積が増えました。妻面もフラットの車両ならば、平面配置で薄くできます。
      市販されていない好みの車両をほぼ自作できるのですから、夢のような世界になったと喜ぶべきことと思います。
      レイアウトで周回する様子を見ていると本当に楽しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。