α その1   Leave a comment

今回の軽便祭の出展は「駿遠倶楽部+α」でした。

「α」って?何=なんでもあり

今年は残念なことにKMCの出展が見送られました。

私も木曽モジュールは作っていませんでしたが、

御嶽山の西山麓の「小坂森林鉄道」の風景を作っています。

ちょうどTMSの10月号で紹介をしていただいた

SN01157

展示会場ではモジュール全体を撮影していませんでした。

大洞川トリミング

ワーレントラス橋です。

「努力賞」は右側のモジュールでいただきました。

中々「努力しま賞」から上に上がれません。

カーブの接続部分は大急ぎに作った こちら です。

SN01159

今回「自動往復装置」をセットして運材列車を走らせました。

10月3日~5日軽便祭_074

塩谷木橋

10月3日~5日軽便祭_073

見張谷木橋

10月3日~5日軽便祭_071

そして「Oゲージ」の協三DL

SN01158

説明のとおり1/87で描いたデータを2倍してOスケールでプリントしていただきました。

10月11日協三DL_002

右側は1/87です。

たんにデータ修正もせずに2倍にしてプリントをしたので、当然厚さも2倍になっており

キャブの壁は厚すぎます。

しかし、台枠のボルト・ナットなどは見事に再現でき、細かな部分までデータを入力した甲斐がありました。

ONMCさんへ乗り入れをさせていただきました。

車体に荷重なども入れていませんでしたので、満足な走りはできませんでしたが。

10月11日協三DL_003

1/87では4両仕上げました。

10月11日協三DL_004

左側はトミックス台車とクラフトモーターを組み込んだもの。

モーターの回転数が高くて低速走行ができません。

大小の比較写真に写っている機関車です。

右側3台はポートラム動力(基板も取付)で、往復運転に使いました。

5時頃から走行不調になってしまいましたが、帰宅後清掃して復旧しました。

今回の展示で「お気に入りの車両は自作しよう!」とアピールした次第です。

駿遠倶楽部で走行した車両はすべて手作りの車両でした。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 軽便鉄道模型祭 への投稿 (2015年10月11日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。