D14のチェック   Leave a comment

3Dプリントの顔とペーパーの側板を組み合わせて、D14を作ると言うことで、norigonさんから「D14のチェック」依頼がありました。

SN01366

届いたデータは1/1の.dxfです。

これを一旦87倍してから1/87に移し

SN01365

.jww→.step(これは一般のJWWではできません)

.stepをDSMで開いて

SN01367

3DデータのD14の側板(123D Designで.stpでエクスポート)を挿入して、重なる位置に移動しました。

SN01368

正面から見ると

SN01361

側板の両端、窓から顔までの寸法が広すぎることが分りました。

SN01362

ツリーを操作して3Dpdfで見てください。

D14比較

norigonさんが修正をすませました。

ペーパーカットが楽しみです。

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 駿遠線の車両達, 3DCAD, 未分類 への投稿 (2015年11月20日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。