新藤枝駅駅舎 その1   4 comments

昨日(25日)、年賀状を投函しました。やれやれです。

今日は今から日枝神社の大掃除兼新年の準備に出かけます。

模型作りはぼちぼちと進めています。

いよいよ大物の「新藤枝駅舎」に取り掛かっています。

木造モルタル造りのため柱は隠れており、建物の大きさがはっきりしません。

間口は6間~7間半ほどあるように思われ、

SN01419

写真から判断して、いろいろ描いた結果、7間半に納めました。

北面の写真は見つからずまったくの想像です。外階段はあったようです。

一旦出かけますので、続きはのちほど。

WP_20151226_001

日枝神社で新年を迎える準備が整いました。

スマホで撮影すると自動的にOneDriveに送られていて、それをDLしてから貼り付けました。(PCで書いています)

新藤枝駅舎の話に戻り、

駅舎は昭和39年頃、改築されて南側の3間分がカットされ、バスの通路になりました。

模型では改築前の姿、正面の2階に出窓があった時代を再現したいと思います。

待合室の半分ほどはアーチ天井になっていたように写真では判断でます。

サイズは160mm×160mm×94mm、多少修正が必要かと思われますが、模型としてはかなり大きな建物になりそうです。

広告

新藤枝駅駅舎 その1」への4件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. いよいよボスキャラ製作ですね!
    楽しみです。
    しかし、敷地が正方形だったとは想像していませんでした。。
    窓も多いですね ^^;

  2. 第九十銀行は十和田市の古い写真を参考に「下電モジュール」用に作りました。岐阜県には十六銀行があり、現在高山支店は建て替え中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。