新藤枝駅駅舎 その26   2 comments

新藤枝駅駅舎の続きです。

SN00123

2階の窓枠に変化を付けます。

SN00126

上下窓の開閉状態を5種類描きました。

さらに

SN00125

窓周囲に鍔を付けて、プラ板の窓穴に嵌めた時に、表側への出が揃うようにしました。

上部の凸は、窓を並べてプリントをするためのランナーです。

SN00124

外壁に嵌めた様子です。(実際にはランナー部分はカットします)

広告

新藤枝駅駅舎 その26」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. こういうストラクチャーのパーツも3Dプリンタで出来るのですね。スゴイです!

    昔は、グラントラインの窓パーツを買ったりしていたのですが。。。

  2. 3DCADで描きさえすれば、ストラクチャーのパーツも作れます。
    単価が高いので、オリジナルパーツとしての価値として納得するしかありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。