FabCafe hidaさんへ その2   Leave a comment

FabCafe hidaさんに設置されている3Dプリンターは韓国製「アーモンド」(熱溶解積層タイプ)です。

10分ほどでバイクのプリントができました。

4月24日FabCafeバイク_001

家庭用プリンターとしては、かなり良く再現されている と言ってもよさそうです。

4月24日FabCafeバイク_002

ただし、積層痕の処理は難しと思われます。

4月24日FabCafeバイク_003

インターカルチャーさんの光造形と並べてみましたが・・・・。

家庭用プリンターはそれなりの用途にあった3Dデータを作れば利用価値があるかもしれませんが、Fabに「自分で作ったデータを持ちこんで、プリントをすることは、まだまだ難しいこと」と感じました。

4月22日FabCafehida_004

3DスキャナではOナローの協三DLをスキャンしてみました。

4月22日FabCafehida_012

くしゃん となっており失敗。

3Dスキャナの横に「玉ねぎ」が置いてありましたが、スキャナの実験用だったかも?

次にレーザーカッターを見せていただきました。

4月22日FabCafehida_014

お店の閉店看板を製作中

4月22日FabCafehida_016

文字部分は凹、周囲はカット。

レーザーカッター用のデータを作ることができれば、模型作りにも活用できると思います。

データは「イラレ」が主流とのことでしたが、何とか無料ソフトで描く方法を探してみます。

FabCafe hidaさま、勉強をさせていただき、ありがとうございました。

 

広告

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD, 身近な話題, 模型材料・工具 への投稿 (2016年4月24日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。