箱に組みました   2 comments

アクリル板の外壁を箱に組みました

7月25日新藤枝駅舎_005

箱と言っても底と蓋はありません

7月25日新藤枝駅舎_006

待合室の内装とLEDの組み込み、メンテのために分解可能としています

アクリル角材とプラL材を接着と補強のために入れました

話をちょっと変えて

ツイッターで「若者のレイアウト制作離れ」が話題になっています。

私も50年前の中学生の時に、ベニア板(1畳サイズ)にHOフレキのエンドレスを敷き、円の内側に終端駅。けっきょくベニア平原のままで終わりました。

50代になって木曽モジュールでレイアウト再開。

と言っても、固定式のレイアウトは作ったことがありません。

木曽モジュールの600×300の面積でもけっこう手間がかかります。

7月17、18日木曽福島_038

現在制作中の新藤枝駅モジュールのメインサイズは半畳以下の1400×350。

このスペースを埋めるだけでもざっと見積もって1000時間もかかりそうです。

実際に若いモデラーの方々のお話を伺ったことがありませんので想像に過ぎませんが、住宅環境・生活時間などのため、マイレイアウトを持つことはかなり厳しいものがあるように思います。

先日の木曽運転会の時にメンバーのYさんにどのような環境でモジュールを制作されているか伺ったら、室内にブルーシートを敷いて作業をされているとのこと。

私は普段は玄関工房(単なる玄関に机置いて)砂や、グリーン撒いたりする時は庭先作業。

レイアウト制作作業は汚れ仕事でもあります。

ひとつ質問

Nゲージャーの方々はどのように購入した完成車両を運転されていますか?

 

 

 

広告

箱に組みました」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. >Nゲージャーの方々はどのように購入した完成車両を運転されていますか?

    レールが【フレキ→道床→ミニカーブレール】と変化し、車両も【HO→N→Bトレなどの小型車両】と割と小さいスペースでも走らせることができるようになった事が大きいんじゃないんでしょうか。また、大型模型店のレイアウトで走らせる人も多いでしょう。100均ケースにジオラマを作って車両を展示している方もSNSで見かけます。
    結局、レイアウトやモジュールを置くスペースがないから、道床レールを机や床などに広げ→走らせ→収納するという方が多いかと思います。
    私も、Bトレ用のレイアウトならありますが・・・一部スチロール平野ですが・・・。

    以上、私なりにまとめてみました。

  2. ご返事をありがとうございます。私の家でもモジュールは箱の中に仕舞ってあり、たまに車庫で接続して運転をする程度。
    今の時期は熱中症になりそうなので運休です。規模が違えど、広げ⇒走らせ⇒収納は同じです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。