ポイント制御 その3   2 comments

ポイント制御盤(と言ってもそんな大げさなものではありませんが)についてもう少し書いておきます

8月31日制御盤_002

左側面からKATOの電源コードが出てきます

これはポイント制御用ではなく「本線・大手線・構内」電源用です

8月31日制御盤_003

蓋を開けた内部です

ここで製作上の注意点

1.内部機器(基板・コンデンサー)と蓋側機器(トグルスイッチ)が蓋を閉めた時に干渉しない位置に取り付けること!(干渉すると蓋が閉まりません)

2.蓋側機器の電線は、蓋を開けることができる長さを見込むこと!

本来なら電線番号・端子番号を記載すべきですが、蓋裏面の配線図で省略しました

8月31日制御盤_004

片づける時は、ケーブルがケース内に納まります

8月31日制御盤_005

ケースの側面裏側

トミックスポイントケーブル接続用のピン端子、二つおきに挿し込みます

ポイント制御用の電源は12V、転車台用電源は3V、間違えないよう形状を変えました(重要!)

転車台回転制御ケーブル用は3Pミニジャックを使いました

ケースの底には滑り止めを貼ってあります

8月31日制御盤_006

ポイントケーブルはこのように挿します

以上、昔取った杵柄でのご紹介でした

 

広告

ポイント制御 その3」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 流石ですね、綺麗に配線・配置されていて私には中々真似できません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。