「シルエット カメオ」カテゴリーのアーカイブ

norigon-bus   4 comments

norigonさんがバスに挑戦されています。

図面通りにカットできないようです。

norigonbus3

写真の範囲でもタイヤハウスと窓がカットされていません。

そこでデータを送信していただき開きました。

norigonbus1

シルエット スタジオの画面

norigonbus2

JW-CADでdxfファイルを開いた図面

設計図は問題なさそうです。

実際にカットしてみると

11月12日norigonbus_001

一か所窓枠が切れてしまいましたが・・・

11月12日norigonbus_002

図面通りにカットされています。

運転台の窓枠など図面上では0.5mmですが、もっと細くカットされているようです。

よって、「データは問題なし」と判断しました。

違いはシルエット スタジオのバージョン違いにあるか?

私は2.4.0、norigonさんは2.83.1です。

バスを量産されるようなら、窓枠幅を0.5mmから0.6mmに広げた方が、カットの歩留まりが良くなるように感じました。

鉄道模型を作る場合、実物の窓枠幅50mmを1/87にすると0.575mmとなり、この寸法はシルエットカメオで問題なくカットできる寸法でしたので。

 

 

 

くるまや軽便鉄道 による シルエット カメオ, 模型材料・工具 への投稿 (2013年11月12日)

裏メニュー   2 comments

数両の小形車を作ったら面白くなってしまい
日本車両製造「ケハ531」を作りました。
10月4日ケハ531_006

前面にカーブが付いていて、けっこう可愛い車両です。

色も落ち着いた深緑に塗り、窓手すりも付けました。

フリーの車両作りにも使えます。

10月4日ケハ531_010

片ボギーの「キハ9」(第9回の祭りだから)

このペーペーキットは「裏メニュー」ですので組み立てを希望される方は声をかけてください。

明日朝、KMCの開田高原さんと上京します。開田高原さんの新作モジュールもご期待ください。

会場でお目にかかるのを楽しみにしています。

ブログの更新は祭り明けになります。

ハガキで作る軽便鉄道   3 comments

紙をシルエット カメオでカットして車両やアクセサリーを組み立てる方法をお知らせしてきました。その総決算!!
軽便鉄道模型祭でご紹介します。

ハガキで作る軽便鉄道シリーズ

シルエット カメオでカットすれば、自宅でもある程度たくさん作れます。

手作業では中々難しいカット、デザインを試みました。
その1 沼尻鉄道 白津停留所
10月2日ケハ531_005

パタパタと折り曲げると立体になります。

正面の丸みのついた板張り、屋根飾りが簡単に表現できます。

その2 仙北鉄道 キハ3

10月2日ケハ531_003

仙北キハ3、十勝キハ2 フリーのレールカーも作れます。

窓桟は実物50mmの1/87 約0.6mmの細さです。ウィンドシルも約0.5mm

カットの精度を上げるための設計の工夫もしてみました。

ペーパーキットの組み立ての楽しさを体験していただきたいと思います。

ただ今norigonさん、組み立て挑戦中(軽便仲間に引き込みました)

なお「沼尻鉱山と軽便鉄道を語り継ぐ会」への応援として頒布します。

1枚500円。ぜひご協力ください。

頸城鉄道 ジ1・2 完成   Leave a comment

途中で製作が止まっていた「頸城鉄道ジ1・2」を完成させました。
模型作りは一度停滞すると・・・・中々完成まで持ち込めず、ほかにも数両あります。
9月26日ジ1,2_001

こちらジ1 鵜の木駅にて撮影

9月26日ジ1,2_002

そしてジ2 ボンネットと排障器に違いがあります。

レールカー祭りに間に合いました。

白津停留所 その2   Leave a comment

9月21日白津停車場_012

四隅に柱を付け、立体に組んでいきます。

右側はベンチです。

9月21日白津停車場_013

屋根には破風を付けます。

9月21日白津停車場_014

建屋、基礎、ベンチが揃いました。

9月21日白津停車場_015

駅名標を付けて塗装前まで完成です。

9月21日白津停車場_016

側面と裏側はこんな風です。

 

くるまや軽便鉄道 による シルエット カメオ, 男のキット への投稿 (2013年9月27日)

白津停留所 その1   Leave a comment

祭り前に「白津停留所」の製作確認です。
9月23日カット 虫_001

組み立て説明書もちょっと手直し

9月21日白津停車場_010

ハガキからそれぞれの部品を切り離し貼っていきます。

内側に横板を貼り

9月21日白津停車場_009

次に外側にも横板を貼ります

9月21日白津停車場_011

建物前飾りを貼り重ねます。

この前飾りの「曲線のつながり」をシルエットカメオは簡単にカットします。

 

別館作業場?   2 comments

軽便祭に向け朝から晩まで仕事(遊び)中
一日中「シルエットカメオ」のギ~チョンギ~チョン 五月蠅いと叱られ
そこで
9月24日新Dトラ_001

玄関前に車を移動して、別館作業場にしました。

ドアを閉めればほとんど駆動音は聞こえません。

データはSDカードから呼び出していますので、パソコンも不要です。

今日も作業が続きます。

 

 

仙北鉄道 キハ3 その4   2 comments

塗装をします。

9月14日キハ2401塗装_001

上段はキハ2401群

下段左は頸城のジ 右側はキハ3

9月16日キハ動力_006

上は仙北鉄道キハ3→キハ403→ハフ407となりました。

下は同系の十勝鉄道キハ2(元河西鉄道カハ1) 十勝の社紋は自家製 引き続き研究が必要ですが「白色」のレタリングができました。(これはプリンターではありません)

9月18日キハ2401_016

キハ2はヘッドライト未取付ですが、ほぼ完成しました。

現在「norigonさん」もキハ2の組み立て真っ最中です!

そして十勝鉄道のキハ1はナローガレージさんの記念品とのこと。

楽しみです!

仙北鉄道 キハ3 その2   Leave a comment

ハガキから各部材を切り取ります。

カット線に定規を合わせて慎重に作業をします。

9月11~12日_006

側板は3枚、正面は2枚を貼り合わせます。横幅が異なるため両端には段差ができます。ベンチレーターは4枚貼り重ねます。

9月11~12日_007

手すり穴を開け、2mmプラ棒を横方向にドア板の上端に沿って接着します。(側板の下端から1mm上ります)縦方向には1mmプラ棒で補強します。

ステップボックスも折り曲げて接着します。

9月11~12日_008

4面が揃いたらボックスに組みます。

9月11~12日_017

プラセメントか木工用ボンドで接着して、歪みを修正してから4隅の内側と外側へ瞬間接着剤を流し固定します。そして十分に乾燥してから4隅を紙やすりで削り丸面に仕上げます。左右の穴はカプラー用、内側の穴はKATOチビ客車用動力ユニット固定用です。高さ関係に注目を!!

屋根には4枚貼り重ねたベンチレーターと水切りを取り付けます。

9月11~12日_020

別に作った屋根とシルを貼り、0.3φ真鍮線で手すりを付けました。

真ん中3か所の窓は開いています。(この辺が既製品と違い、手作りの面白さです)

9月11~12日_021

仙北鉄道 キハ3 その1   Leave a comment

今年の軽便鉄道模型祭クリクラの表テーマは「レールカー祭」とか。
そこで

仙北キハ3

新たに設計したものは「仙北鉄道 キハ3」

これはキハ2401、2402の兄弟車です。前回のキハ2401の図面を手直ししました。

仙北キハ3 2

ハガキシリーズ(1枚のハガキから車両を作ります)で進めます。

9月11~12日_005

こんな風にカットできました。