「下電車両」カテゴリーのアーカイブ

テールライト   Leave a comment

テールライトの取付を始めました。今回の下電車両は鉄コレの動力を使用して、できるだけ簡単にそれらしく作ることを目的に進めています。そこで

1608の赤色チップLEDの取付には

コトブキヤのプラ材を使い、チップLEDを接着材で固定しました。

テールライトの裏側に接着して、隙間をねりゴムで覆います。(緑の部分)

木曽モジュール「松原商店」のメロン用に百均で買ったもので、べとつかず、成形も簡単です。

なお、ヘッドライトもコトブキヤのプラ材です。

日中は大物トラバーサーの作業、夜は車両の仕上げと25日に向け、進めています。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年6月11日)

下電車両   2 comments

下電車両の進行状況です。

こちら旧塗装。

次は新塗装。

大型車両です。

仕上げ塗装が済みましたので、ライトの取付、窓貼り作業に移ります。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年6月6日)

車止め つづき   Leave a comment

Nゲージ用の車止めの加工を始めました。

寸法を35mmに縮め、車体受けと標識の位置も少しずらしました。

末端の架線柱を立て、支線も張りました。

このような小物作りがけっこう楽しいです。他の車止めも、またお見せします。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月31日)

アンカプラー   Leave a comment

まずは写真から。

一番上が「MICRO-TRAINS」、真ん中「KATO」、下「TOMIX」です。

模型本やHPで調べると、「TOMIX」製は他社と違いマグネットの表裏でS・N極になっているようです。

そこで、「TOMIX」に「KATO」の磁石を移し替えることにしました。

磁石が収まる穴をレールの間に開けます。

磁石の固定ベースは下からプラバンの1mm厚、磁石型の1mm+0.5mmです。

重ね合わせた断面です。

裏から固定すれば完成です。

解放テストをして確認しましたが、ケーデーカプラーの解放にはコツがいるようで、動作確立は30%程度でした。皆さんはアンカプラーをどのようにされていますか?

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月29日)

インレタ   Leave a comment

製作中の下電車両にインレタを貼っています。

写真は倶楽部内で配布されたインレタの黒色バージョンです。(見やすいので)

このようなインレタは個人では中々準備できませんが、倶楽部活動のありがたいところです。

小田急デユニ1000の軽便版です。

ここで困ったのが「デユニ」と「郵〒便」。左側の手すり近くの「荷 物」も読めません。

以前インクジェットプリンターでタトーシールに印刷したものでは、「白色」が作れません。

そこで・・・KMCの小倉工場さんにお願いしました。

メールで何度かサイズの確認をしてから希望のデカールを作っていただきました。

昨夜、無事に貼り終えました。

小倉工場さん、ご協力ありがとうございました。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月27日)

バラスト撒き   Leave a comment

モジュールにバラストを撒き始めました。まだ構内の全体の構想が決まっていないので、線路の間だけでも作業を進めようと思っています。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月25日)

進捗状況   Leave a comment

庭のスズランが咲きました。

トラバーサーモジユールの進捗状況は

電車庫の骨組みを茶色に塗りました。

薄板を着色して、

室内側に貼りました。

トラバーサーの線路部分はトミックスのワイドレールを使います。レールをマスキングしました。

そして塗装をしました。

下電プロジェクトの試運転会まで約一か月になりました。まだまだ作業はたくさんあります。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月22日)

車止め   2 comments

トラバーサーの留置線の先端の「車止め」を検討中です。

実際のサイズがわかりませんので、Nゲージ用を買い揃えました。

トミックス・KATO・グリーンマックスの6種類、車両と比較するとそのままHOナローにも使えそうです。(私はNゲージのストラクチャーを組み立てたことがありませんので、1/150のスケールに合っているのか?です)

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月19日)

モハ・クハ・サハ   Leave a comment

工作内容が飛んでます。

インレタ貼りをしました。倶楽部で特注した「下北南部電鉄」です。電車素人の私はテキストを参考に形式番号を決めました。この番号は倶楽部員に振り分けられたDCCのアドレスも表しています。

何度やっても難しいインレタ貼り、細かな部分まで表示しても車体の作りがそれなりですので、適当なところで止めましたが根気に進めれば、車両が生き生きとしてきます。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月13日)

丸ピン   Leave a comment

丸ピンを並べて半田付けをしました。

素子はCRD(定電流ダイオード)です。実験の結果、LEDとの組み合わせでは抵抗よりCRDの方が使いやすく感じました。DCCとLEDの接続端子として使うつもりです。車両に組み込んでから、また報告します。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年5月12日)