「下電車両」カテゴリーのアーカイブ

車両達   Leave a comment

この4日間ほどは車両の調整に追われていました。

DCCが不調になったり、LEDのリード線が切れたりの繰り返しでした。何とか車体に下回りを納めて試運転をしました。

パンタの付いている車両はすべて動力車です。

まだ空気管とジャンパーの取付がのこっています。クハとハは軽すぎますのでウエイトが必要です。台車付のカプラーの調整もしなければなりません。なんとか走行してライトも点灯しましたので、明日からは看板建物に戻ります。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年8月21日)

青い電車   Leave a comment

ぼちぼちと電車も作っています。

左のモハ3762は下電の車両規格を少しオーバーしていますので、同じ型紙から長さと幅を詰めたモハ1761を作りました。インレタも貼れたのでウェザリングをして、電装にかかるつもりです。

トラバーサーの方は、駆動装置の不良で修理待ちの状態です。

軽便模型祭まで2カ月を切りましたので、そろそろまとめにかからねばなりません。

また10月には高山市内で2回の運転会のお誘いがあり、木曽モジュールも再開します。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年8月4日)

百貨店   Leave a comment

建物全体がモルタル造りの街の百貨店(ちょっと大きな万屋)にするつもりです。

建物の正面だけですと一晩であるていど形になりましたが、四方と屋根までの作業は夜遅くまでかかってもちょっと無理でした。毎晩根気に進めます。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年7月20日)

今日も2軒   Leave a comment

今朝は6時に起き、試合結果を見ようとTVを付けたら延長戦後半の真っ最中。

美味しい朝食になりました。

7時半には作業を開始、今日も2軒が形になりました。

正面4間の大きな商店は奥行きも5間と大きくしました。

裏側もそれなりに作っています。

3軒を並べて出来具合を見ます。

ここで問題が発生。瓦屋根には出来ないのでいかに屋根を作るか?

瓦棒の幅は35mm これを1/80にすると0.438mm。1mmのプラ角棒を貼りつけたら、やはりゴツ過ぎました。

そんな訳で、適した材料を見つけるまで屋根工事はストップです。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年7月18日)

看板建築 その4   Leave a comment

今夜の作品は

1階の庇は和風建築です。少し小ぶりですが、大屋根の庇が前まで出てきますので屋根のトップでは

標準的な高さになると予想しています。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年7月13日)

モジュール   Leave a comment

今日はもう一つUPします。

モジュールの進み具合を報告します。

路面レールをマスキングして灰色、アース色、茶色などの塗料を吹き付けました。

 

各種車止めは電柱を立て、バラストを撒いて、取り外し可能の状態にして設置しました。

 

電車庫も仮置きしてみました。

 

屋根を外すと、ピットと作業台が見えます。

荷物電車を置いてみると、構内がけっこう広く感じました。

 

肝心のトラバーサー本体は明日に線路を磨いてから、調整する予定です。今夜は電車の仕上げ作業をします。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年6月11日)

テールライト   Leave a comment

テールライトの取付を始めました。今回の下電車両は鉄コレの動力を使用して、できるだけ簡単にそれらしく作ることを目的に進めています。そこで

1608の赤色チップLEDの取付には

コトブキヤのプラ材を使い、チップLEDを接着材で固定しました。

テールライトの裏側に接着して、隙間をねりゴムで覆います。(緑の部分)

木曽モジュール「松原商店」のメロン用に百均で買ったもので、べとつかず、成形も簡単です。

なお、ヘッドライトもコトブキヤのプラ材です。

日中は大物トラバーサーの作業、夜は車両の仕上げと25日に向け、進めています。

くるまや軽便鉄道 による 下電車両 への投稿 (2011年6月11日)