「小坂森林鉄道」カテゴリーのアーカイブ

上二ノ市が始まりました   Leave a comment

残念ながら雨降りです。

上二ノ市の準備が完了しました。

WP_20160827_09_08_44_Pro.jpg

上二ノ市準備   Leave a comment

8月も下旬なのに、今年は暑い日が続いています

明日からの上二ノ市の準備をしています

WP_20160826_10_43_13_Pro

今年は森林鉄道編

モジュールを4台接続(1200×2台・600x2台)してエンドレスにしました

壁には軽便鉄道模型祭のポスターも掲示しました

午後も準備の続きに出動します

 

小水力発電機水車   Leave a comment

昨日、久しぶりに小坂町がんだて公園へ

3月31日小坂ひめしゃが_001

もうすぐ、滝巡りも始まります

3月31日小坂ひめしゃが_006

ひめしゃがの湯 駐車場に展示されている森林鉄道の車両に新しい展示物が加わりました

小坂森林管理署から譲渡された「小水力発電機水車」

(台車上に水車を置いただけで、両者は関連はありません)

3月31日小坂ひめしゃが_004

小坂森林鉄道研究会の役員さんが導水配管を切断して山の中から運び出してきました

3月31日小坂ひめしゃが_007

以前(年代不詳)、山中の作業所の照明用として設置されていたもので、車にベルトを掛けて発電機を回転させていたようです。

 

 

2015年を振り返って その3   Leave a comment

今年のKMCは残念ながら軽便祭に出展取りやめ

駿遠倶楽部+αで小坂森林鉄道「塩谷橋・見張谷橋モジュール」を展示しました。

10月3日~5日軽便祭_073

自動往復装置を設置しての運転でした。

5月13日塩谷・見張谷_02012月1.2日小坂_040

塩谷木橋(奥に写っている橋の位置にありました)

5月13日塩谷・見張谷_035

12月1.2日小坂_041

見張谷木橋(架け替えられてサイクリング道路になっています)

5月13日塩谷・見張谷_029

協三DLは3Dプリント製にポートラム動力を組み込みました。

昭和31年に廃止になった小坂森林鉄道跡

12月22日小坂森林鉄道跡_079

60年間眠り続けていた姿を見てみたものです。

 

 

 

濁河林道起点   Leave a comment

椹谷林道から濁河林道(軌道)が分かれるところです。

12月22日小坂森林鉄道跡_008

椹谷を渡る濁河第一橋梁の橋台が残っています。

12月22日小坂森林鉄道跡_005

木々に包まれ見にくいですが、かつては全長47.4mの木橋がありました。

12月22日小坂森林鉄道跡_010

現在の林道(車道)の脇にありますから、1番訪ねやすい場所だと思います。

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 魅惑の木橋, 小坂森林鉄道, 廃線跡 への投稿 (2015年12月25日)

架線場   1 comment

濁河林道下部の架線場を見学しました。

索道の施設が残っています。

12月22日小坂森林鉄道跡_048

石積みの上に

右側 親綱のコンクリート製アンカー

12月22日小坂森林鉄道跡_043

左側 プーリー付木製盤台

12月22日小坂森林鉄道跡_026

崩れた中に

12月22日小坂森林鉄道跡_042

プーリーがあります

12月22日小坂森林鉄道跡_036

木材搬送機は親綱に乗っていて、曳き綱がつながっています。

12月22日小坂森林鉄道跡_038

ワイヤーの一部は木の幹に呑み込まれています

そして

12月22日小坂森林鉄道跡_027

対岸、上部軌道を望むと

12月22日小坂森林鉄道跡_035

望遠で撮影しましたが、上部の盤台はもっと上にあり、写っていませんでした。

当時の資料によると

昭和14年9月起工、昭和15年12月竣工

総工費49812円

索道距離  348m

下部側標高 850m

濁河川水面標高 730m

上部側標高 922m

下部~上部では72mの落差がありました。

12月22日小坂森林鉄道跡_029.jpg

谷底には陽が当たっておらず、写真では分り難いですが、足元から断崖絶壁!120mの高さです。

トワイライトゾーンMANUAL13に竹内 昭さんが記事を書かれています。

 

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 小坂森林鉄道, 廃線跡 への投稿 (2015年12月24日)

兵衛谷林道の謎   1 comment

12月22日小坂森林鉄道跡_003

昨日は貴重な冬晴れ、小坂森林鉄道跡の探索に出かけました。

実は先日発刊された「近代化遺産 国有林森林鉄道全データ 中部編」に記載されていた

12月22日森林鉄道全データ_002

兵衛谷林道(ひょうえいだにりんどう)の謎解きへ

「林道」とは「森林軌道」のことです。

兵衛谷とは御嶽山西側山麓の沢登りのメッカです。

12月22日森林鉄道全データ_001

中部編の説明地図には濁河林道(にごりご)の上部軌道から濁河川を渡って兵衛谷の右岸に軌道敷きが示されています。

しかし、濁河川を渡ると言うことは谷が深く困難で・・・濁河林道は索道で渡っています。

まずは営林署に勤務されていた方からお話を伺い、山歩きの達人の方のご案内で

12月22日小坂森林鉄道跡_071

笹藪へ

藪こきをしながら前進をすると

12月22日小坂森林鉄道跡_058

ヘヤピンカーブの石積みが見つかり

12月22日小坂森林鉄道跡_056

石積みの外側は2mほど

12月22日小坂森林鉄道跡_066

さらに軌道敷きを歩くと沢水の流れる部分も残っており

12月22日小坂森林鉄道跡_061

次のヘアピンカーブに達しました。

今回はここまで、

兵衛谷林道と言っても兵衛谷沿いに敷設されていたのか?ここが本当の兵衛谷林道かは不明です。

来春、雪どけの頃、続きの探索をしたいです。

 

 

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 小坂森林鉄道, 廃線跡 への投稿 (2015年12月23日)