「3DCAD」カテゴリーのアーカイブ

ガラス貼り   2 comments

新藤枝駅モジュールの最大の見せ場が「3Dプリント製窓枠」です

窓枠を塗装しました

8月3日まで新藤枝駅舎_011

新藤枝駅の窓枠は「木製サッシ」か「鉄製サッシ」かはっきりしたことはわかりません

窓枠の色も写真からは判断ができず、濃いブルーにしてみました。(駿遠線の車体色に合わせたわけではありませんが)

8月3日まで新藤枝駅舎_012

窓枠の裏面、ガラス(0.2mm厚の透明プラ板)を嵌める段差をつけてあります

8月3日まで新藤枝駅舎_013

窓の開き具合も変えてみました

根気が必要な作業が続きます

広告

建具塗装   Leave a comment

3Dプリント製で一体成型した建具を塗ります

8月3日まで新藤枝駅舎_007

左から売店・出札口・荷物扱所・ドア・駅務室

8月3日まで新藤枝駅舎_010

アップで撮影すると、ちょっと厚化粧気味です

8月3日まで新藤枝駅舎_015

駅務室のホーム側の壁 ガラスも入りました

 

2階の天井   Leave a comment

新藤枝駅舎の工事も少しずつ進めています

7月25日新藤枝駅舎_011

0.5mm厚のプラ板を切断加工しただけですが2階の天井になります

DMMは相変わらず

SN00356

今の内にその他の作業を済ませておきます

DMM注文不能   Leave a comment

DMMへ3Dプリントを発注したいのですが

SN00353

トラブルが発生しているようです

 

反り修正   Leave a comment

3Dプリントの建具(壁)が反って(板状のプリントは反りが生じます)いましたので、湯につけて少し修正をしてから

裏面をプラのL材で補強しました

7月25日新藤枝駅舎_015

ドア部分も凹の形状を固定するためにプラ板で挟みます

7月25日新藤枝駅舎_016

壁と建具を一体化して

左から売店・出札口・手荷物預所・事務室ドア・窓となります

 

 

 

空間費   Leave a comment

DMMからメールが届きました

SN00348

3Dプリント代が値上った理由です

SN00349

建具を上から見ると平面に見えますが

SN00350

実際には壁の立ち上がりがあり、空間の体積は「平面×高さ」となります。

http://infomail-cv.dmm.com/c/acpWaa3ksFwxvyab

今後、経済的なデータ作りでは、部品の間隔を詰める・縦方向を薄くするなどの工夫が必要です。

 

 

新藤枝駅舎組立 その1   Leave a comment

いよいよ新藤枝駅舎の組手作業に入ります

7月21日新藤枝駅舎_002

3Dプリントに建具1式

DMMが先日値上げしたので、今プリントすると約45000円です。

サーフエイサーを吹きつけます

7月21日新藤枝駅舎_007

壁部分(縦方向の積層)には積層痕が出ています

7月21日新藤枝駅舎_008

荷物扱所のカウンターの支えもうまく表現できました

7月21日新藤枝駅舎_010

改札口の柵はさすがに細すぎて(0.47mm角 H:6.5mm)ボロボロと崩れました

プラ材で修正することにします

SN00347.png