12月 2015のアーカイブ

2015年のまとめ   2 comments

お早うございます。

WordPress.comからブログレポートが届きましたのでご覧ください。

WordPress.com 統計チームは、2015年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

ルーブル美術館には毎年850万人が訪れます。2015にこのブログは約94,000回表示されました。ルーブル美術館と同じだけの来場者が訪れるには約4日かかることなります。

続きはクリック

年ごとに1年過ぎるのが早くなってきました。

今年も、鉄道模型作りや町並み見学などで楽しく過ごすことができました。

3Dプリントは3年目に入りますので、車両作り以外での活用も試してみたいと思います。

今のところ、高山市内には積雪はありません。天気予報では夕方から雪になるようですがどのような年明けになるのでしょうか。

三が日の更新は不定期になります。

今年一年、くるまや軽便鉄道にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

良い年をお迎えください。

 

 

2015年を振り返って その3   Leave a comment

今年のKMCは残念ながら軽便祭に出展取りやめ

駿遠倶楽部+αで小坂森林鉄道「塩谷橋・見張谷橋モジュール」を展示しました。

10月3日~5日軽便祭_073

自動往復装置を設置しての運転でした。

5月13日塩谷・見張谷_02012月1.2日小坂_040

塩谷木橋(奥に写っている橋の位置にありました)

5月13日塩谷・見張谷_035

12月1.2日小坂_041

見張谷木橋(架け替えられてサイクリング道路になっています)

5月13日塩谷・見張谷_029

協三DLは3Dプリント製にポートラム動力を組み込みました。

昭和31年に廃止になった小坂森林鉄道跡

12月22日小坂森林鉄道跡_079

60年間眠り続けていた姿を見てみたものです。

 

 

 

2015年を振り返って その2   Leave a comment

駿遠線以外では

SN00367

エガーバーンの電気機関車を3DCADで描き

6月27日エガーバーン_001

3両を作りました。

SN00711

ブリル台車も描いてみました

3月14日ブリル台車_002

この3DプリントはNナロ奮闘記さんのお手伝い

SN00035

RMMから発売され「鉄道模型3Dプリンタガイド」でDesign Spark Mechanicalを練習しました。

123D Designも日本語版になり

SN01280

さらに使い易くなりました。

123D・DSM・Fusion360 の3DCAD

2DCADのjwwさらにIllustratorなどで、データを連係して

9月16日缶バッジ_001.JPG

缶バッジも作りました。

来年もこれらのソフトを使って、いろいろな物を作ってみたいと思います。

2015年を振り返って その1   Leave a comment

今年もあと4日となりました。

時系列にはなっていませんが、2015年のまとめを。

3DCADを描き始めて2年目になり

SN00889

123D Designで湘南顔を工夫しながら描き

SN00903

駿遠線キハD14系を完成させることができました。

10月3日~5日軽便祭_069

軽便鉄道模型祭では茶畑レイアウトで運転

駿遠倶楽部のメンバーも

キハD20と19を製作

10月27日キハD20_001

私も現在キハD20の組立途中です。

SN00563

昨年の続きのDB60シリーズもだんだん向上してきました。

10月24日町協文化祭_006

このDB603は可愛らしくて、一番のお気に入りです。

来年は客車を3Dプリントで作り(ペーパー車体は不具合がでましたので)、新藤枝駅から発車させたいと思います。

 

経年劣化   2 comments

ペーパー製車両を出してみたら

WP_20151227_002

一斉に側板が剥がれていました。

10月の運転会の時にはそのような症状はでていませんでした。

駿遠線の車両が4両、尾小屋が1両です。

これらの車両は2013年の夏頃作っていました。

シルエットカメオでカットした紙をタミヤのプラセメントを貼り合わせて組み立てた記憶があります。

プラセメントによる紙の接着が無理だったか?

紙の目を縦と横に重ねて貼りつけたからか?

サフェを吹かずにセメント貼りしたからか?

使った紙質によるか?(上質紙過ぎたか?)

原因ははっきりしません。

瞬着を剥がれ目に流して押さえ付けばどうか・・・。

もう少し剥がれ具合を観察してから、修正方法を考えます。

 

 

 

新藤枝駅駅舎 その1   4 comments

昨日(25日)、年賀状を投函しました。やれやれです。

今日は今から日枝神社の大掃除兼新年の準備に出かけます。

模型作りはぼちぼちと進めています。

いよいよ大物の「新藤枝駅舎」に取り掛かっています。

木造モルタル造りのため柱は隠れており、建物の大きさがはっきりしません。

間口は6間~7間半ほどあるように思われ、

SN01419

写真から判断して、いろいろ描いた結果、7間半に納めました。

北面の写真は見つからずまったくの想像です。外階段はあったようです。

一旦出かけますので、続きはのちほど。

WP_20151226_001

日枝神社で新年を迎える準備が整いました。

スマホで撮影すると自動的にOneDriveに送られていて、それをDLしてから貼り付けました。(PCで書いています)

新藤枝駅舎の話に戻り、

駅舎は昭和39年頃、改築されて南側の3間分がカットされ、バスの通路になりました。

模型では改築前の姿、正面の2階に出窓があった時代を再現したいと思います。

待合室の半分ほどはアーチ天井になっていたように写真では判断でます。

サイズは160mm×160mm×94mm、多少修正が必要かと思われますが、模型としてはかなり大きな建物になりそうです。

濁河林道起点   Leave a comment

椹谷林道から濁河林道(軌道)が分かれるところです。

12月22日小坂森林鉄道跡_008

椹谷を渡る濁河第一橋梁の橋台が残っています。

12月22日小坂森林鉄道跡_005

木々に包まれ見にくいですが、かつては全長47.4mの木橋がありました。

12月22日小坂森林鉄道跡_010

現在の林道(車道)の脇にありますから、1番訪ねやすい場所だと思います。

くるまや軽便鉄道 による 鉄道写真, 魅惑の木橋, 小坂森林鉄道, 廃線跡 への投稿 (2015年12月25日)