1月 2014のアーカイブ

アナログで進行中   3 comments

 

橋脚の方はアナログ工作で進行中です。

橋脚図面

単純な形に修正しました。(下部は地面の中に埋まるため)

橋脚型紙

展開図を作り

橋脚枠まとめ

枠も準備します。

1月21日橋脚型紙_002

A4の厚紙に印刷して

1月21日橋脚型紙_003

カッターナイフで切り出し、折り曲げ用のスジを入れ

1月21日橋脚型紙_005

役に立つかは不明ですが、耐水のつもりでプラセメントを塗って

1月21日橋脚型紙_007

箱に組みました。高さは15cmほどです。

1月21日橋脚型紙_001

枠はシルエット カメオで簡単にカット。(こう言う作業は本当に楽ちんです)

1月21日橋脚型紙_008

枠をはめて歪み対策をしました。

1月21日橋脚型紙_009

中を覗くとこんな風。

「外型は石膏が固まるまで形を保てば良い」との考えで、この作戦でうまくいけば安上がりです。

この後石膏を流す予定なのですが、まだ気温が低いので(石膏が乾燥前に凍みて割れるのを防ぐため)ここで中断しています。

 

広告

くるまや軽便鉄道 による 小坂森林鉄道, 模型材料・工具 への投稿 (2014年1月31日)

三面図から   Leave a comment

3DCADで次に何を描こうかと探した結果、津川洋行の動力ユニットを選びました。

14033

ありがたいことに津川洋行さんのHPにはこのような3面図が掲載されています。XYZ座標の寸法がわかります。

3DCADではこの縦、横、高さの寸法が必要です!!

TU1

本体となるギアボックスを描きます。7x32.8x6

側面の〇は車輪が貼り付く(スナップ)位置です。

TU2

車輪はたぶん5.5Φ

軸の部分が上記本体の〇部分に付きます。

TU3

モーターの直径は6Φ、モーターカバーの厚みは0.6tと3面図から判断できます。

以上の3個の部品を組み合わせると

TU4

簡単に全体像を描くことができました。取付穴も加えました。

アルモデルさんや、トーマモデルワークスさんも3面図の掲載(将来は3Dデータ)をしていただけると、助かります。

コツを覚えてくると楽しく簡単に描けます。

くるまや軽便鉄道 による 男のキット, 3DCAD への投稿 (2014年1月30日)

HONDA 3D   Leave a comment

お湯丸はアナログですが、次はデジタルのお話です。

軽便鉄模アンテナさんのツイッターで紹介されていた「HONDA3D」をさっそく見てみました。

1HONDA

当然OKでした。

HONDA3Dにアクセスからほんの1分ほどで、このように見ることができ、これを3Dプリントサービスへ送れば、成形して送られてくる時代です。

3DCADで描くわけではありませんので、フリーの3Dビューワをダウンロードして試してみてください。

ミニマジック

 

 

 

くるまや軽便鉄道 による 未分類 への投稿 (2014年1月29日)

お湯丸で遊ぶ   4 comments

norigonさんが「顔パック」をされ、ダイソーでも売っていると言う「お湯丸」で遊びました。

1月28日おゆまる_010

これは以前遊んだもの。押し付けたらぐにゅ~と広がり・・・・

1月28日おゆまる_001

そこで今回は広がらないようにプラ板で押し寿し風に型を作りました。

(模型屋で売っていた「かたとりまる」は1個150円ほどになります。)

1月28日おゆまる_003

日車C型台車を並べて

1月28日おゆまる_004

蓋でぐっと押さえます。

1月28日おゆまる_005

ぐにゃと広がらずに雌型ができました。

前はこの後、重曹+瞬着工法を使いましたが、完成までは至りませんでした。

レジンをさがします。

 

くるまや軽便鉄道 による プラ細工, 模型材料・工具 への投稿 (2014年1月29日)

岐阜へ行ってきました   Leave a comment

所用で岐阜へ行ってきました。

2日間とも良い天気。

1月26 27日岐阜_008

一番遠くが岐阜城です。

1月26 27日岐阜_009

コンデジの望遠もけっこう良く写ります。

1月26 27日岐阜_011

夕方5時近く高山へ戻りました。

車内から乗鞍岳を撮ってみました。

この後、山は夕陽に照らされ赤く染まり日が暮れました。

くるまや軽便鉄道 による 飛騨高山の話題, 身近な話題 への投稿 (2014年1月28日)

今のところ   7 comments

3DCADを習い始めて1か月、今のところこの程度になりました。

スーパーカブのつもりです。

下の円台は1円玉と同じ、20Φ

スーパーカブ1

実際に3Dプリントで表現できるかはわかりません。ただし、多少はプリントを考慮してハンドルなどは太目にしています。

SPC組立

こまかな部品を作り、貼りつけました。

スーパーカブ2

真横から 曲線だらけ、椅子下のカーブはまずまず。

スーパーカブ3

マフラー側

スーパーカブ4

下から覗きます。

スーパーカブ5

データチェックもOK(本体と円台でシェルは2つ)

先日のB15と異なり、分かっていた寸法は高さ、長さ、軸距離ていど。

写真を見ながらカーブを作っていきましたが、早く面取りをやってしまい、泥除け(風よけ?)の上角を丸くできませんでした。

造形には組み立てていく手順が大切のようです。

何を描くか目的を持って、時間をかければ何とか形になりました。

写真探しから2日間でした。

 

明日、明後日は出かけますので、更新は28日の予定です。

 

 

 

くるまや軽便鉄道 による 3DCAD への投稿 (2014年1月25日)

二十四日市   Leave a comment

昨日は高山恒例の二十四日市でした。

天気に恵まれ4万7千人の人出だったようです。

1月24日二十四日市_003

地元商店街の出店と香具師の露店が並び

1月24日二十四日市_001

観光客と言うよりも高山市民で大賑わいです。

1月24日二十四日市_004

しょうけ

1月24日二十四日市_005

しゃくし

1月24日二十四日市_006

一位笠

いずれも今では民芸品となっていますが、昔は重要な生活用品でした。

1月24日二十四日市_007

甘酒・だんご・弁当・串焼き・プリンなどなどありましたが

中華おかずパックを買い、自宅で昼食となりました。

買い物は「干し芋」「殻つき落花生」「干し柿」「手作り食パン」

昨年までは勤めていたので平日開催の二十四日市には行けませんでしたが、久しぶりに楽しむことができました。

くるまや軽便鉄道 による 街歩き, 飛騨高山の話題 への投稿 (2014年1月25日)